BUSINESS EMAIL基礎と発展​

ビジネスシーンで必要となる敬語表現や丁寧な対応を身につけ基礎的なメールを理解・作成することができます。

(株)TOKAIコミュニケーションズ様

講座の概要

ビジネスコミュニケーションにおいて重要とされている、メール対応。

表情や声色から判断できないため、文章に頼るしかないメールは、コミュニケーションの中でも難しい分野の一つです。

講座では、英文の基礎と頻出表現を理解し定着させることで、届いた『メールを理解』でき、基礎的な『メールを作成』が出来るようになります。更に、ビジネスシーンで必要となる敬語表現や丁寧な対応を身につけることで、円滑なビジネスコミュニケーションをサポートします。


講座では、Plan(どのように使うか)、Do (使ってみる)、Check(確認)、Act(自分の言葉として体感)のサイクルを使い、その場で身につけます。エンターテイメントのようなコースで、楽しく身につけましょう!

講座で身につくこと

(株)TOKAIコミュニケーションズ様への個別対応サポート

講座で必要となる時間

教室レッスン

オンライン講座

(株)TOKAIコミュニケーションズ様への個別対応サポート

その他

コースプロジェクト、クラスディスカッション、ライブ授業など、定着を高めるためのワークが用意されています。(*ワーク内容は、学期により変更される場合があります。)

受講生数(定員)

(株)TOKAIコミュニケーションズ様への個別対応サポート

教室レッスンの流れ 1回目(例)

個別の目標/レベル確認とオリエンテーションは、講座開始前におこなわれます。

① よく使われるフレーズ15(/50)の解説
② ①をペアで暗唱し、記憶に残す
③ ①を使い、実際にメールを作成してみる

④ メールの定型例を読み、内容を理解する
⑤ 理解した内容をペアで共有し、新たな気づきを得る
⑥ 解説を聞き、理解を深める
⑦ よく使われる言い回しを再度確認する

⑧ 定型メールへの返信文を作成する
⑨ 作成した返信文をペアで交換し、確認し合う
⑩ ペアの返信文を、どのように理解したかをコミュニケーションワークシートを使い、共有する
⑪ 講師による個別の添削で、更なる理解と正しい書き方の定着を深める

⑫ オンライン講座の課題案内
⑬ 質疑応答、その他サポート

オンライン講座の流れ(例)

基礎レッスン:1日平均20~30分(月~金曜日)

※個別の目標/レベル確認とオリエンテーションは、講座開始前におこなわれます。

① 3つのフレーズを解説を読み、意味を理解する
② 定着エクササイズに挑戦する(読む、聞く、言う)
③ 3つのフレーズを使い、実際にメールを作成してみる

④ メールの定型例を読み、内容を理解する
⑤ 理解した内容をチェックテストで確認する
⑥ 解説を読み、理解を深める
⑦ よく使われる定型文を再度確認する

曜日により、異なります。⇧『定型メールの解読』または、⇩『返信文の作成』を順番におこないます。

⑧ 定型メールへの返信文を作成する
⑨ よく使われる回答例で理解を深める

復習レッスン:平均30分(週末)

▪ 月曜日~金曜日に学習した内容の定着と、応用

その他

▪ クラスディスカッションボードで、質問やディスカッションをおこなう
▪ クラスディスカッションボードで、Email Partnerとの練習や課題を提出する
▪ (株)TOKAI様向け、期間内に10通のメールを作成添削 / 個別サポート
(※講座内容は、学期により異なる場合がございます。)

講座内容は、カウンセリングの結果や進行度合いにより、随時変更となる可能性があります。

curriculum

カリキュラム

今回TOKAI様にご提案させて頂く「電話対応術」と「ビジネスメール」のカリキュラムになります。※ご要望に応じたカスタマイズも可能です。